(開封起動レビュー)ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの外観

予約の段階で売り切れ続出となっていた「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」無事購入することができたので、簡単なレビューを行いました。

スポンサーリンク

予約

9月16日予約開始ということで、朝からヨドバシ.comとAmazon、楽天ブックスを張ることに。が、ヨドバシは中々サイトに繋がらず…。

繋がったときには、既に売り切れていました。(´・ω・`)

ということで、2分おきぐらいにAmazonと楽天ブックスをチェックする力技に…。10時半過ぎ、楽天ブックスで予約開始されていて、普通に溜まっていた楽天ポイントも消化して予約することが出来ました。送料無料ポイント5倍という良い買い物。しかし楽天ブックスは、予約後数分で売り切れ…。

その後、たまたま11時半過ぎにAmazonを見ると、予約開始されていました。在庫は潤沢で、普通に購入できる感じでした。「何だ普通に買えるのか…(;´・ω・`A “`」なんて思っていると、Amazonも10~20分で売り切れとなりました。

どうやら、あちこちのショップにダフ屋が入ってる模様。本当、ダフ屋いなくなればいいのに…なんて思いながら。

開封

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンのパッケージ裏

パッケージの裏はこんな感じ。

収録ソフトのパッケージ画像が印刷されています。収録ソフトは、任天堂公式ページで紹介されているので、ここでは割愛します。

中身はこんな感じ。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの中身

  • 本体
  • コントローラー2つ
  • 説明書
  • HDMIケーブル(テレビと本体を繋げるケーブル)
  • USBケーブル(テレビや別売りのACアダプターに繋げて給電するケーブル)

本当にシンプルな構成。無駄なものが入っていませんでした。僕は、テレビのUSB端子に繋げて使用するので、別売りACアダプターを購入していませんが、テレビにUSB端子がない場合は、ACアダプターが必須となります。一部のスマホのACアダプターが使用できる他、任天堂からもACアダプターが販売されています。

起動と衝撃

接続と起動方法は、シンプルです。

  1. 本体にコントローラーを接続
  2. 付属HDMIケーブルで、本体のHDMI端子とテレビのHDMI端子を接続
  3. 付属USBケーブルで、本体のUSB端子とテレビのUSB端子を接続

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン起動画面

起動すると、いきなり写真の画面が映ります。直感的に遊ぶことが出来る作りでした。

とにかく写真からは伝わりにくいでですが、恐ろしく綺麗な画面です。当時は、赤黄白のアナログケーブルにブラウン管テレビだったので、この画面には新鮮な衝撃があります。

何よりサクサク動くので、レスポンスの良さがストレスを感じさせません。

ミニ スーパーファミコンのまとめ

いくつか5分程度ずつ遊んでみましたが、思っていたよりも楽しめず…。(´・ω・`)

思い出補正がかかっていたんだな…と思います。体感的には、最近のゲームの方が圧倒的に面白いです。恐らく30前後~40過ぎぐらいの方が懐かしさとともに楽しむゲームという感じがしました。

折角なので、今のところ「スーパーマリオワールド」「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」「スーパードンキーコング」あたりをクリアまでやってみようと思っています。

現在は売り切れ続出で、ダフ屋が横行していますが、任天堂公式Twitter上で発売日以降も出荷すると書かれているので、そのうち定価で買えるかもしれません。

(2018年1月追記)現在は、ネットショップ、実店舗ともに普通に購入できるようです。

レビュー
スポンサーリンク
まったり映画.tokyo

コメント