フリーソフトだけで作るBlu-ray 第5回:BDMVの作成

投稿日:2016年2月7日 更新日:

前回と前々回は、動画データからBDAVを作成する方法をまとめました。

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第4回:BDAVの作成 Part.2

今回は、動画データからメニュー画面なしBDMVを作成する方法をまとめまています。BDMV(メニュー画面付き)は、パソコンでの作業が不慣れな方には、難しいと思いますが、余裕があれば、番外編として作成方法をまとめているので、そちらをご参照ください。

フリーソフトだけで作るBlu-ray 番外編:BDMV(簡易メニュー付き)

BDMVの作成①

準備

実は、もう殆どの工程がBDAV作成と同じです。

Blu-ray規格に沿ったビデオ(フリーソフトだけで作るBlu-ray 第2回:ブルーレイ規格のビデオを参照)を用意することになりますが、BDAVと違いは、音声データの形式にです。

  • 映像データ(MPEG2もしくはH.264)
  • 音声データ(AC3もしくはWAV)

一般的な自作BDMVであれば、音声データはAC3が多いと思いますが、WAV(リニアPCM)も使えるので、「音声を劣化させたくない!」という場合は、リニアPCM形式でも構いません。

音声をAC3にエンコード(XRECODE)

では、実際に音声をAC3にする作業を進めます。音声変換の万能フリーソフトXRECODEを使用します。

製作者のホームページからダウンロードできます。今回は、Portable version 1.0.0.229を使用させていただきました。

現在(2017/9/17)は、バージョン1.6.5になっています。現在は、有償ソフトとなっており、試用期間が30日となっています。ただ試用期間が切れても、新しいバージョンをダウンロードすれば、再度、試用期間が30日で使用できるようです。

XRECODE

1.ダウンロードしたファイルを解凍し、実行ファイルxrecode2.exeが実行ファイルです。(画面は旧バージョン1.0.0.229のものです。)

フリーソフトXRECODEのインストールと使用方法①

2.「すべての機能が利用可能なデモ版を使用中」となっていますが、登録は任意なので登録しない場合は、そのまま数字を選択してください。

フリーソフトXRECODEのインストールと使用方法②

3.「ファイル(F1)」項目の空白に、AC3にしたい音声データもしくは動画データをドラッグ&ドロップしください。

4.「出力設定」から保存先を設定します。「ソースと同じ場所」を選択すると、先ほどドラッグ&ドロップしたファイルと同じ場所に保存されます。

5.「目的の形式」「WAV」を選択すると、「リニアPCM」で保存できます。今回は「AC3」にするので、「AC3」を選択します。

フリーソフトXRECODEのインストールと使用方法③

6.「ビットレート」を選択して、好きなビットレートを指定してください。最大640kbpsまで指定できるようになっています。今回はステレオ音声(2ch)なので、適当に256kbpsに設定しました。ステレオ音声(2ch)であれば、192kbps以上あれば、ほぼ劣化に気付かないと思います。人によって感じ方が違うと思うので、より高音質にしたい場合は、ビットレートを上げて下さい。設定が終われば、「OK」を選択します。ビットレート以外は初期設定のままでいいと思います。

フリーソフトXRECODEのインストールと使用方法④

7.「開始」を選択すれば、AC3の音声データが作成され、指定した保存先に保存されます。

映像と音声を合体(tsMuxeR)

先ほど作成した音声データ(AC3)映像データ(MPEG2もしくはH.264)と合体させて、「~~.m2ts」ファイルを作成します。

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1でBDAV作成時と同じ手順で、tsMuxerGUIを使用します。ダウンロード先は、第3回の記事を参照して下さい。

フリーソフトtsMuxerGUIの使用方法

1.「Input files」「動画データ」「AC3」をドラッグ&ドロップします。音声データのAACは要らないので、「Tracks」AACのチェックを外します。任意ですが、AC3のLanguageを「jpn(Japanese)」に変更します。

2.「Output」「M2TS muxing」を選択し、「Browse」で保存先を指定します。

3.「Start muxing」を選択すれば、BDMV形式に沿った動画(m2tsファイル)の完成となります。続いて、BDMV形式のフォルダを作成します。

フリーソフトtsMuxerGUIの使用方法②

4.「Input files」に先ほど作成した動画(m2tsファイル)をドラッグ&ドロップします。他の動画も追加したい場合は、「join」から、選択して追加してください。

5.「Output」「Blu-ray disk」を選択します。

6.「Browse」で保存先を指定し、「Start muxing」を選択すれば、指定した保存先に「BDMV」フォルダと「CERTIFICATE」フォルダが作成されます。

BDMV形式のBlu-ray作成(ImgBurn)

先ほど作成した「BDMV」フォルダと「CERTIFICATE」フォルダをImgBurnで焼けば、BDMV(メニューなし)の完成となります。

ImgBurnの使い方は、フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1を参照してください。

フリーソフトImgBurnの使用方法

1.「Source」の空白に「BDMV」フォルダと「CERTIFICATE」フォルダをドラッグ&ドロップします。

2.UDF RevisionをBD-RE(BD-RE DL)の場合は「2.50」、BD-R(BD-R DL)の場合は「2.60」に指定します。

3.「Labels」でディスクタイトルを付け、ライティングすればBDMV(メニューなし)の作成完了です。

BDAVと同様、再生できない場合があるので、最初はBD-REをオススメします。再生できない原因は、映像データがBlu-rayビデオの規格に合っていないためです。この場合、BDAVと同様、AviUtlを使って、x264でエンコードする必要があります。AviUtlの使い方は、フリーソフトだけで作るBlu-ray 第4回:BDAVの作成 Part.2を参照してください。

BDMVの作成 その2

AviUtlで動画をカットや編集をした場合の音声データ(AC3)作成方法を説明します。沢山方法はありますが、以下、AviUtlを使用した一例です。

カット編集した音声の出力(AviUtl)

フリーソフトAviutlで編集後の音声を出力する方法①

1.AviUtlでカット編集後、動画をエンコードする前に「ファイル」から「WAV出力」を選択します。

フリーソフトAviutlで編集後の音声を出力する方法②

2.好きなファイル名を入力し「保存」を選択します。指定した保存先に「~~.wav」が保存されます。

音声をAC3にエンコード(XRECODE)

先ほど作成した「~~.wav」をXRECODEAC3にエンコードします。wavファイルをドラッグ&ドロップで読み込み、保存先を指定します。AC3の設定をしてから、「開始」を選択すれば、AC3ファイルが作成できます。

フリーソフトXRECODEでAC3にエンコードする方法

映像と音声を合体(tsMuxeR)

先ほどAviUtlで作成した映像データ(~~.264)とXRECODEで作成した音声データ(~~.AC3)tsMuxeRで合体させます。

フリーソフトtsMuxerGUIでBDMVフォルダを作成する方法

ファイルをドラッグ&ドロップで読み込み、「M2TS muxing」に指定して、「Start muxing」で、BDMV形式のm2tsファイルが作成されます。

その後、同様にtsMuxeRで「BDMV」フォルダと「CERTIFICATE」フォルダを作成し、ImgBurnで焼けば、Blu-rayビデオ(BDMV)の完成です。

まとめ

とても長くなりましたが、これで全5回の「フリーソフトだけで作るBlu-ray」は終了です。一度覚えてしまえば、とても簡単な作業です。作業を省いたり、飛ばしたり、流れ作業のようにできるようになります。

また今回使用したフリーソフトAvUtlを使った応用(編集)は沢山あります。解像度を変更したり、フレームレートを変更したり、インターレースからプログレッシブのビデオに変更したり、ノイズを除去したり・・・。AvUtlを用いれば、殆どすべての動画をBlu-rayビデオの形式にエンコードすることができるので、是非チャレンジしてみてください。

フリーソフトだけで作るBlu-ray

番外編として、簡易メニュー付きのBDMVを作成する方法についてまとめています。

フリーソフトだけで作るBlu-ray 番外編:BDMV(簡易メニュー付き)

全5回+番外編です。下記の「フリーソフトだけで作るBlu-ray」からどうぞ。その他「手順のまとめ」も合わせて読んでみてください。

フリーソフトだけで作るBlu-ray

フリーソフトだけで作るBlu-ray:手順まとめ

スポンサーリンク

-フリーソフトだけで作るBlu-ray

執筆者:


Message

関連記事

【フリーソフト】BDAVMakerの使い方【Blu-ray作成】

フリーのBDAV作成ソフト『BDAVMaker』の使い方をご紹介します。更新は止まっていますが、Windows7環境で、現状全く問題なく使用できています。 製作者の方が、DIGAをより便利に使用するた ...

フリーソフトだけで作るBlu-ray:手順まとめ

目的別に「フリーソフトだけで作るBlu-ray」の手順をまとめました。 ▼もくじ▼1 導入2 BDAV2.1 BDAVの作成2.2 再生不可だったBDAVの変換3 BDMV3.1 BDMVの作成(メニ ...

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第1回:ブルーレイ作成の事前準備

スマホで撮ったビデオ、デジカメ、ビデオカメラで撮ったビデオ・・・などなど 手元の映像データをBlu-ray(ブルーレイ)ビデオにしてみたいと思ったことはありませんか?検索してみたものの、専門用語連発で ...

フリーソフトだけで作るBlu-ray 番外編:BDMV(簡易メニュー付き)

フリーソフトだけで作るBlu-ray(全5回)の番外編として「簡易メニュー付きBDMV」の作成をまとめました。 パソコンの捜査に不慣れな方は、作成の簡単なメニューなしのBDMVやBDAVをおすすめしま ...

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1

前回、フリーソフトだけで作るBlu-ray 第2回:ブルーレイ規格のビデオでは、Blu-rayビデオの規格に沿ったビデオとはどういうものなのかについてまとめました。 第3回となる今回は、用意した動画デ ...

管理人のmattariです。
ニッチで役立つものを紹介していきます。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.