フリーソフトだけで作るBlu-ray

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第4回:BDAVの作成 Part.2

投稿日:2016年2月6日 更新日:

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1』では、BDAVの作成について書きました。

今回は、第3回の方法でBDAVとして再生できなかった動画データや、そもそもBlu-rayビデオの規格外だった動画データ劣化に気付かないレベルで再圧縮(エンコード)して、Blu-rayビデオの規格に合った動画データする方法についてまとめます。

一度覚えてしまえば、とても簡単なので是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

フリーソフトの準備

iTunes

既に利用している人も多いかもしれません。

Appleのホームページからダウンロード&インストールしておいてください。iTunesを直接使用することはありませんが、インストールされていないと、後の作業に支障が出てしまいます。

AviUtl

製作者のホームページからダウンロード出来ます。

最新版で問題ないと思います。今回は、aviutl100を使用させていただきました。ダウンロードして解凍してください。

x264guiEx

製作者のホームページからダウンロード出来ます。

最新版で問題ないと思います。今回は、x264guiEx_2.35v2を使用させていただきました。ダウンロードして解凍し、インターネットに繋がっている状態「auo_setup.exe」を起動してください。自動的にインストールが始まります。

しばらくすると、このような画面が現れます。

フリーソフトx264guiExのインストール方法1

「…」を押して、先ほどAviUtlを解凍したフォルダ」を選択してから、「次へ」を押します。

自動的に必要なファイルをダウンロードして、インストールしてくれます。ダウンロードもしくはインストールに失敗した場合は、2度3度試してください。

フリーソフトx264guiExのインストール方法2

インストールが完了したら「終了」してください。

L-SMASH Works

製作者のホームページからダウンロード出来ます。

最新版で問題ないと思います。今回は、L-SMASH Works r804を使用させていただきました。

ダウンロード後、解凍してください。解凍したフォルダの中にある「lwmuxer.auf、lwcolor.auc、lwdumper.auf、lwinput.aui」を「AviUtl」フォルダの中に入れます。

フリーソフトL-SMASH Worksのインストール方法

これで準備完了です!次は設定していきます!

フリーソフトの設定

AviUtlの設定

AviUtlフォルダ内の「aviutl.exe」を開いてください。設定をしていきます。

フリーソフトAviutlの設定1

「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの設定」→「L-SMASH Works File Readerの設定」を選択してください。

フリーソフトAviutlの設定2

「LW48 output」にチェックを入れて「OK」を押します。その他の設定については、Readme.txtを読んで、必要であれば設定を変更してください。僕は、初期設定のままです。

フリーソフトAviutlの設定3

続いて、「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグイン優先度の設定」を選択してください。

フリーソフトAviutlの設定4

「上に移動」を押して、「L-SMASH Works File Reader」を一番上に移動させてから、「OK」を押します。

フリーソフトAviutlの設定5

次に、「設定」→「色変換の設定」→「[入力]と[出力]をLW ColorSpaceに変更」してください。

フリーソフトAviutlの設定6

最後に、「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」を選択してください。

フリーソフトAviutlの設定7

「最大画像サイズ」幅を1920、高さを1080に変更します。

最大フレーム数も変更します。最大値は「8388607」ですが、僕はとりあえず「0」を追加して「3200000」にしました。これは動画の長さによって違うと思うので、各自適当に設定してください。「8388607」にしておけば問題ないと思います。

「OK」を押した後、一度、AviUtlを閉じます。これで、AviUtlの設定完了です!

Aviutlで大抵の動画が読み込めるようになっています。これでも読み込めない場合は、今回は当ブログで扱いませんので、是非検索してください。AviUtlはプラグインやフィルタなのが沢山あるので、機能をドンドン拡張することが出来ます。試行錯誤すれば、ほぼ全ての動画が読み込めるはずです。

x264guiExの設定とエンコード①

エンコードと聞いても何のことか分からない人も多いと思います。

エンコード=圧縮だと思ってください。x264というソフトを使って、動画をBlu-rayビデオの規格に合うように圧縮します。

x264は、「x264guiEx」をインストールしたときに、自動的にそのときの最新版がインストールされているので、特に何もしないでも大丈夫です!もしも、より最新のx264が使いたい場合は、最新のバイナリーをダウンロードすればいいと思います。

videolanから最新版がダウンロードできます。(8bit版を使用してください。)

では、早速、x264でエンコードしてみます!

Aviutlでx264を使ったエンコード方法1

1.AviUtlを開いて、エンコードしたい動画をドラッグ&ドロップしてください。

2.「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264出力(GUI)Ex」を選択してください。

Aviutlでx264を使ったエンコード方法2

3.ファイル名の空欄に好きなファイル名を入れてください。

4.ファイルの種類を「raw file (*.264)」に設定します。

5.インターレースのビデオでも、プログレッシブのビデオでも、ファイルの種類項目の下に「インターレース解除なし」と書いてますが、今は無視して構いません。次に、「ビデオ圧縮」を選択してください。

Aviutlでx264を使ったエンコード方法3

6.一応、「x264.exeの設定」のところにx264のexeファイルが設定されているか確認してください。

videolanなどから最新のx264をダウンロードした場合は、ここで選択してください。

7.「拡張」を選択してください。

Aviutlでx264を使ったエンコード方法4

8.「LW48モード」にチェックを入れてください。

9.音声項目のエンコーダを「qaac」に設定してください。音質を設定できるので、各自好きなビットレートなどを選択してください。僕は「TrueVBR 300~kbps」を選択しています。Losslessを除いて、最も高音質な設定です。(当ブログでは扱いませんが、qaac.exe以外のエンコーダを用意すれば、他の音声形式にエンコードすることもできます。)

10.追加コマンド欄にガッツリ記入して、「OK」で設定完了です!次回にまた設定するのが面倒であれば、左上の「新規保存」から設定を保存することもできます。

x264の設定

以下、ガッツリの内容をまとめます!参考はこちらです。

「英語分からない」と心配しなくても大丈夫です!動画データの種類別に改変したものを載せておきますので、以下のものをコピペすれば、きちんと再生できるBDAVが出来ます。動画データの種類が分からない場合は、第2回の記事を参考にしてください。

正確には、29.97fps(30fps)は規格外ですが、全く問題なく再生できます。

解像度1920×1080、インターレース(トップフィールドファースト)、30fps(29.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 30 –open-gop –slices 4 –tff –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1920×1080、インターレース(ボトムフィールドファースト)、30fps(29.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 30 –open-gop –slices 4 –bff –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1920×1080、プログレッシブ、30fps(29.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 30 –open-gop –slices 4 –fake-interlaced –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1920×1080、プログレッシブ、24fps(23.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 24 –open-gop –slices 4 –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1280×720、プログレッシブ、24fps(23.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 24 –open-gop –slices 4 –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1280×720、プログレッシブ、30fps(29.97fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 30 –open-gop –slices 4 –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

解像度1280×720、プログレッシブ、60fps(59.94fps)

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 60 –open-gop –slices 4 –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

各自、設定を変えたい場合もあると思うので、少し設定項目の説明をします。

「品質(画質)の設定」

「–crf 22」この「22」を変えます。数字を小さくすれば、より高品質になります。その分ファイルサイズが大きくなります。

この設定については、ググっても、何故かアニメの設定を紹介しているサイトばかりで困ります・・・。

「実写」に関しては、「22」で僕は劣化に気付きませんでした。より高品質にしたい場合は、「20」程度で十分だと思います。「19~16」にすれば、より高品質なのは間違いないですが、「22」と全く違いが分かりません。一度、品質別にBDAVを作って、テレビで確かめてみるといいです。本当に分かりません。

もう少し画質を落としてファイルサイズを小さくしたい場合は、「23」でもいいかもしれません。「24」まで下げてしまうと、やや劣化していることに気付くと思います。好みの問題なので、色々試してください!

「エンコード時間を短くしたい場合」

「–preset slow」の「slow」を変えます。

「medium」「fast」「fastest」に変更すれば、順にエンコード時間が短くなります。その分、ファイルサイズが大きくなります。「slower」「veryslow」に変えると、エンコード時間は長くなりますが、その分ファイルサイズは小さくなります。

その他、再生の重さにも関係しています。

また今回は、動画の品質を「crf」で指定しているので気にする必要はありませんが、「bitrate」で指定している場合は、動画の画質も変わってきます。

「slow」が一番バランスがいいと個人的に思っています。

「動画の素材」

「–tune film」の「film」を変えます。

スマホやカメラで撮影した「実写」を前提にしているので、「film」にしていますが、ベタ塗りが多いアニメ素材などは「animation」に変更した方がいいと思います。「–tune animation」という具合です。

「上限ビットレート」

「–vbv-maxrate 40000」の「40000」を変えます。

最大40Mbpsという設定になっていますが、品質を「crf22」にしているので、実際に40Mbpsになることはほぼありません。例えば、上限ビットレートを24Mbpsに下げたい場合は、「–vbv-maxrate 24000」としてください。

x264guiExの設定とエンコード②

今回は、デジカメで撮った動画(1280×720、プログレッシブ、30fps)を試しにエンコードするので、「追加コマンド」の部分にこれをコピペしてから、「GUI部に反映」押して「OK」を選択します。

–crf 22 –preset slow –tune film –bluray-compat –vbv-maxrate 40000 –vbv-bufsize 30000 –level 4.1 –keyint 30 –open-gop –slices 4 –colorprim “bt709” –transfer “bt709” –colormatrix “bt709” –sar 1:1

Aviutlでx264を使ったエンコード方法5

Aviutlでx264を使ったエンコード方法6

保存を選択すれば、エンコードが始まります。

パソコンのスペックによっては、ものすごく時間が掛かります!

Aviutlでx264を使ったエンコード方法7

こんな感じで、エンコードが進みます。

エンコードが完了したら、指定した保存場所に「~~~.264」というファイルと「~~~.m4a」というファイルが出来ているはずです。「.264」が映像データです。「.m4a」が音声データです。

tsMuxeR

先ほど作成した「.264」(映像データ)「.m4a」(音声データ)「tsMuxerGUI.exe」で合体させます。手順は、第3回の記事と同じです。

tsMuxeRでm2tsファイルの作成方法

「Input files」に先ほど作成した「~~~.264」「~~~m4a」をドラッグ&ドロップして読み込ませます。

「Tracks」で音声データを選択し、下の「Language」から「jpn(Japanese)」に変更します。

変更しなくても全く問題ありません。

「Output」「M2TS muxing」を選択し、「Browse」から保存先を指定し、「Start muxing」を選択すれば、終わりです!BDAVの規格に準拠した動画データの作成完了です。

このあとも、第3回の記事と同じ方法で、「MakeBDAV」「imgburn」を使って、BDAVを作成してください。これでBlu-rayプレイヤー、レコーダーやPS3で再生できるBlu-rayビデオ(BDAV)の作成完了です!

フリーソフトだけで作るBlu-ray

全5回+番外編です。下記の「フリーソフトだけで作るBlu-ray」からどうぞ。ぜひ「手順のまとめ」も合わせて読んでみてください。

フリーソフトだけで作るBlu-ray

フリーソフトだけで作るBlu-ray:手順まとめ

スポンサーリンク

-フリーソフトだけで作るBlu-ray

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フリーソフトだけで作るBlu-ray 番外編:BDMV(簡易メニュー付き)

今回は、番外編として「簡易メニュー付きBDMV」の作成をまとめていきます。 もちろんフリーソフトだけで作成します。ベースとなるのは、第1回~第5回です。 全5回です。下記の「フリーソフトだけで作るBl …

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第3回:BDAVの作成 Part.1

「第1回:準備」では、Blu-rayビデオの基礎的な話をまとめました。 「第2回:ビデオについて」では、Blu-rayビデオの規格の話をまとめました。 第3回となる今回は、実際にBlu-rayビデオの …

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第5回:BDMVの作成

第3回、第4回と、BDAVの作成方法について書きました。今回は、BDMVの作成方法について書いていきます! 第1回のときにも書きましたが、メニュー画面なしのBDMVです。メニュー画面を含めたBDMVを …

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第1回:準備

スマホで撮ったビデオ、デジカメ、ビデオカメラで撮ったビデオ・・・などなど とにかく、手元の映像データをBlu-ray(ブルーレイ)ビデオにしてみたいと思ったことはありませんか?検索してみたものの、専門 …

フリーソフトだけで作るBlu-ray:手順まとめ

「フリーソフトだけで作るBlu-ray」を目的別に手順をまとめました。 修正や追加などがあれば、随時更新していきます。 スポンサーリンク ▼もくじ▼1 導入2 BDAV2.1 BDAVの作成2.2 再 …