おすすめの外付けBlu-rayドライブ(BRXL-PC6VU2/N)

最近、Windowsパソコン内臓のBlu-rayドライブ(パイオニア製)の調子が悪くなり、買い換えることにしました。Macでも使いたいなーと思っていたので、外付けを中心に探すことにしました。Blu-rayドライブの国内主要販売会社を大きく分けると、この4社が有名です。

  • Buffalo(バッファロー)
  • I-O DATA(アイ・オー・データ)
  • Logitec(ロジテック)
  • Pioneer(パイオニア)

バッファローアイ・オー・データロジテックは、中のドライブの開発や生産はしていないので、中身のドライブは、東芝サムスン製やパナソニック製、パイオニア製だったりします。付属のソフトウェアもコーレル社やサイバーリンク社のものが殆どなので、簡単に言うと、いろんな会社のものを集めてパッケージして販売しているということです。

長くパイオニア製のBDドライブを愛用してきたので、とても信頼しています。個人的には、品質を求めると、パイオニア製一択です。買い換えるにあたって価格を調べたわけですが、外付けBlu-rayドライブでは、パイオニアが少し高いみたいです。結局、悩んだ挙句、パイオニア以外のドライブを購入することにしました。

BRXL-PC6VU2/Nの中身

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」のパッケージ写真

Buffalo「BRXL-PC6VU2/N」

Amazonのフラストレーション・フリーを購入しました。製品名「/N」が付いているものは、再生ソフトなどが付いていません。Windowsのライティングソフトなどは付属しています。パソコンでBlu-rayビデオを見ないですし、その他のソフトも使い慣れたフリーソフトで十分なので、ソフト無しの安い方を購入しました。

2013年末に出た製品ながら、未だにAmazonの外付けBlu-rayドライブで上位の人気を誇っています。Amazonのレビューを見ると、かなり評判は良さそうです。低い評価をしている人もいますが、

  • 再生ソフトが付属していないことを読まないで買った。
  • 自分のパソコンやディスプレイがHDCPに対応していないのに買った。
  • AACS(コピーガード)を知らずに買った。

という人が殆どでした。思っていたのと違ったため、低評価をつけているという人が多かったので、製品の品質自体は問題無さそうです。パソコンのデータをバックアップしたり、保存したり、コピープロテクトの無い自作のBlu-rayの作成や再生が目的なので、BRXL-PC6VU2/Nを購入することにしました。

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」の中身

不要なチラシや包装など無く、アップル製品並のシンプルさが良いです。

  • 本体(USBケーブル付き)
  • ディスク
  • 使用方法などの紙

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」の本体

表面の薄いフィルムを貼ったままの写真です。とにかくシンプルな作りが良いですね。

BRXL-PC6VU2/Nを使用方法

Macへの接続

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」をMacに繋げ、iTunesを起動した状態

ドライバなどインストールすることもなく、USBケーブルを差すだけで認識しました。空のBD-REを入れて、iTunesを起動してみたものの、使用方法が全く分からず…昔、iTunesからディスクを焼けた記憶があったんですが、今は使えなくなってるのかもしれません。

フリーのライティングソフトを使用することにしました。

画面右下のDownload Burnからダウンロードできます。ダウンロード後、ZIPファイルを解凍すればOKです。

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」をMacに繋げ、ライティングソフトBurnを起動した状態

Burnを開けば、アプリケーションが起動します。Burnを押しても開かない場合は、キーボードの「control」キーを押しながら開いてください。

内臓のドライブは、「パナソニック製 UJ260AF」でした。パナソニック製というのも安心ですね。BD-REも問題なく認識し、普通に使用できるみたいです。

ついでにMac版tsMuxeRもダウンロードしてみました。

画面中央のDownload Mac, Linux and other versions下のDownload tsMuxeR Mac version (direct link)からダウンロードできます。tsMuxeRも起動しない場合は、キーボードの「control」キーを押しながら開いてください。

Mac版tsMuxeRの画面解説

Windows版と画面は同じですね。Macでもフリーソフトだけで、BDMV(メニュー画面なし)であれば、作成できそうです。tsMuxeRの使い方やBDMVの作成などは、下記のWindows版をご参考ください。

フリーソフトだけで作るBlu-ray 第5回:BDMVの作成

フリーソフトだけで作るBlu-ray:手順まとめ

Windowsへの接続

バッファローの外付けBlu-rayドライブ「BRXL-PC6VU2/N」をWindowsに繋げ、ImgBurnを起動した状態

Windows(デスクトップ機)でもUSBケーブルで繋げるだけで認識しました。(Windowsの機能で、自動的にドライバがインストールされました。)ImgBurnでもパナソニック製 UJ260AFと認識されています。SONY製の空のBD-REも問題なく認識しました。

実際にImgBurnを使ってパナソニックの4倍速BD-Rに焼いてみました。

付属のUSBケーブル1本だと、Write Speedを4xにして4倍速焼きに指定しても、2.1~2.6倍を行ったり来たりという速度でした。付属のUSBケーブル2本繋げると、4倍で焼くことが出来ました。電力供給とライティングスピードに因果関係があるかは分かりませんが、動作も安定すると思うので、USBケーブル2本繋げをオススメします。

BRXL-PC6VU2/Nを使ってみて

かなりオススメです。2013年末からのロングセラーというのは納得です。価格は変動すると思いますが、5000円台というのは買いやすい値段だと思います。

WindowsでもMacでも特に難しい操作なく、繋げるだけで動作します。まだ3枚しか焼いていませんが何のエラーもなくBD-RとBD-REに書き込めました。中身のドライブもパナソニック製でしたし、安心感と品質と価格のバランスが良い製品ではないでしょうか。

追記(Verbatim VBR130RP50V4との相性)

スピンドルケースの50枚入BD-R「三菱化学メディア Verbatim VBR130RP50V4」でライティングしてみました。ネットショップのレビューなどを見ていると、品質の低下について書かれていることが多い製品です。ただ50枚で2300~2500円程度ですから、コストパフォーマンスを考えると、購入を検討したいBD-Rであることに間違いはないと思います。使用環境は、以下です。

  • BRXL-PC6VU2/NのUSBケーブルを2本つなげた状態で使用しました。
  • Windows+ImgBurnでライティングしました。Write Speedは、「AWS」に設定しました。

BD-Rを入れてImgBurnのライティングのボタンを押すと、ディスクが優しく回り始めますが、全くの無反応でした。1分40秒~50秒過ぎから、何やらディスクが動き出し、その約10秒後にライティングが始まりました。ディスクの認識から書き込みが始まるまで、約2分かかりました。ちなみに国産のパナソニック製メディアは、直ぐにBD-Rを認識し書き込みが始まります。

書き込み速度は最大6倍速のメディアですが、最初は3~3.5倍で書き込んでいました。その後、ディスクの中央辺りで4~4.5倍ディスクの終わり辺りで5.5~6倍と徐々に速くなりました。最終的には、ライトスピードは6倍で張り付いていましたが、平均すると4.5倍程度だと思います。書き込み完了後、Verifyを行いましたが、当然ながらエラーは出ませんでした。自作BDAVを焼きましたが、全く問題なく再生できています。

昨今、スピンドルのBD-Rを販売しているメーカーも少なくなってきていますね…。お手頃な価格&台湾CMC製というと「三菱化学メディア Verbatim VBR130RP50V4」一択です。ディスクの認識スピードや書き込みの安定感を考慮すると、信頼できるBD-Rはパナソニック製で間違いないです。ただ1枚あたりの単価や現状全く問題なく使用できていることを考えると、Verbatimも十分にオススメできる製品です。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro
Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.